雨漏りに気づいたら速やかに修繕すべきです

新築の家を建てたものの、年限が経ってくると、屋根や壁などの部位が劣化したり破損したりして、それが原因で雨水が建物内に入ってくることがあります。


雨漏りの現象です。


雨漏りを放置して、修理をしないままでいると、建物が受ける損傷は一層大きなものとなります。



よくあるのが、天井に雨水が回っているのを見つけて、それで初めて家が雨漏りしているのに気づくケースです。

goo ニュース関連の情報をたくさん掲載しています。

こうした場合、雨水が屋根から回ってきていると考える血人が大変に多いです。
ただ、もし天井に雨水が染み込んでいたとしても、必ずしも、雨水の侵入経路は屋根だけというわけではありません。



外壁やベランダ、サッシなどから雨水が回ってきたことも十分に考えられます。

留意しなければならないのは、雨水が入ってきたところは水で濡れているという点です。
雨水が通過したところが木材であれば、その箇所が傷んだり、腐ったりするものです。また、サッシや金属部分であれば、錆がついてしまうこともあります。はサビついてしまうことがあります。そればかりではありません。
その部分からカビが発生することも多々見られます。


たかが雨漏りだと言って放置しておくと、雨水が入ってくる入口や、排水されていく出口の部位だけに限らず、建物全体に悪影響を与えることになってしまいます。
さらに、建物だけではなく、もし電気の設備などが雨水で濡れてしまうと、漏電やショートの危険性も出てきます。
もし家が雨漏りしていることに気がついたら、できるだけ早いうちに修繕するのが賢明です。